石井めぐみ、世界のことが気になって経済の勉強をはじめました
<< 三空踏み上げ? | main |  日銀短観は集計し直し >>
健全な経済活動に・・・
昨夜のNYは、反発。
過去最低水準となった新築住宅販売など懸念される材料が
バラバラと出て売り先行で始ったマーケットだったが、
原油など商品相場の上昇で株式市場もしだいに階が優勢になった。
関連銘柄としてアルコアなどの資源株や、産業株も高い。
コカコーラ、ディズニー、3Mなど消費関連の一角も買われている。
バンカメは、増配計画が中止になって下落した。
ダウは、67ドル高、ナスダックは、14ポイント高。
CMEは大証の終値より、65円高い、9,445円。 為替相場は、前日からユーロドルの下落が始ったと思ったら、
久しぶりに欧州不安の話が出てユーロドルが引き続き調整。
ドル円は蚊帳の外でほぼ変わらず。
終値では、80円90銭台。
クロス円は、まちまち。
ユーロ円は、下落して、114円手前。
豪ドル円やNZ円は上げている。
原油は、中東情勢と原油在庫を材料に続伸。
終値では、105ドル台後半。
金も、続伸した。
寄り前の外国人注文は、売り1610万株、買い2570万株。
差し引き、960万株の買い越し。

日経平均は、30円高でスタート。
NYが上げて返ってきたことで、日経平均も小高く始った。
が、9,500円を超えた辺りでは戻り売りに押される。
福島原発のトラブルは収まっておらず、緊張した状態が続いている。
農作物の出荷や摂食制限に加えて、
東京の浄水場で基準値を超える放射線濃度が計測された。
さらに、製造業など東北地方に工場や拠点を持つ企業も多く、
震災の影響がどこまで広がるかは未知数だ。

自動車なども、部品の調達ができず操業停止状態。 日経平均もジリジリと上げ幅を縮めて前引けに掛けてはマイナスに沈んだ。
前場は、18円安。
後場。
前引けと変わらない水準で揉み合い。
大きく売られる動きもないが、積極的な買いも入らない。
計画停電などで東京を中心とした消費活動が落ち込んでいる。
乾電池やトイレットペーパーを抱え込んだまま、自宅に引き篭もり。
外食産業なども厳しい様子。
一刻も早く健全な経済活動に戻さなければ、
被災地への支援さえままならない。
日経平均は、前日終値を挟んだ揉み合いのまま、取引を終えた。

大引け。
日経平均、14円46銭安、9,435円01銭。
小幅に続落。
日足チャートでは、はらみっぽい小さな陰線になったので、
状況が良くなれば再び上昇トレンドに戻れるかも。
いずれにしても、原発しだい。

Posted by : megumiishii | - | 23:59 | - | -
TOP