石井めぐみ、世界のことが気になって経済の勉強をはじめました
<< 協調介入合意! | main | 健全な経済活動に・・・ >>
三空踏み上げ?
昨夜のNYは、大幅続伸。
日本の原発問題が収束方向へ向かっているとの見方から、
マーケットは落ち着きを取り戻した様子。
世界的な連鎖株安からの買い戻しが優勢になった。
ダウ銘柄はほぼ全面高。
JPモルガン、クラフト、ファイザーのみがマイナスだった。
ナスダックも主力株を中心に堅調に推移した。
ダウは、178ドル高、ナスダックは、48ポイント高。
CMEは大証の終値より、410円高い、9,540円。
為替相場は、先週の介入以降は円高の進行は止まっている。
さすがに協調介入を合意したとなると、うかつな円買いもやり難い。
ドル円は金曜日よりはやや下落して、終値では、81円ちょうど近辺。
クロス円でも、円安に大きく動いた。
ユーロ円は、ユーロドルの上昇もあり、115円台前半。
原油は、中東情勢が払拭されないことや、リスクテイク姿勢が進んで上昇。
終値では、102ドル台前半。
金も、続伸した。
寄り前の外国人注文は、売り1400万株、買い7170万株。
差し引き、5770万株の超大幅買い越し。
買収されちゃうんじゃないのって心配になるくらいの買い。

日経平均は、196円高でスタート。
買い気配も多く、あっという間に日経平均は300円超えの上昇。
寄り前の外国人注文の多さも呼び水。
原発への電源復旧の見込みなどで過度な警戒感が後退していることが、
何より市場心理を改善させている。
ただ続伸しているので、高いところでは戻り売りも出る。
日経平均の前場は、270円高。
後場。
アジア市場も堅調に始まり、日経平均は一段高。
というより、ジリジリと上げ幅を広げている。
先週末は下げていたトヨタなど自動車株も、今日は大幅高。
東電がS高を付けているのは解せないけれど・・・。
今後の補償問題などを考えたら、とんでもない損失だと思うけど。
まさか、相場の混乱に乗じて海外企業が乗っ取りを考えてる
なんて・・・ことはないよね。
勘ぐり過ぎ?
日経平均はさらに騰って、9,600円を突破。
けっきょく、今日の高値圏で取引を終えた。

大引け。
日経平均、401円57銭高、9,608円32銭。
大幅続伸。
原発による最悪のシナリオという懸念からは、やや解放されつつある。
ただ、チャート的には「三空踏み上げは売り向かえ」
ちょっと一服となる可能性も。
Posted by : megumiishii | - | 23:39 | - | -
TOP