石井めぐみ、世界のことが気になって経済の勉強をはじめました
<< 歴史的暴落 | main | 協調介入合意! >>
復興期待と不透明感
昨夜のNYは、原発事故への懸念が拡大し大幅続落。
海外では、どうやら日本国内より悲観的な噂が流れているらしい。
NYでもリスク回避の動きが強まった。
東電の計画停電も、日本の経済発展を妨げる。
そればかりか、日本と提携しているアメリカ企業も
直接的な打撃を受けていることだろう。
原発関連のGEは引き続き大幅下落。

その他の銘柄も大きく売られて全面安だった。 ダウは、242ドル安、ナスダックは、50ポイント安。
CMEは大証の終値より、470円高い、8,530円。
為替相場は、投機筋による円買いで、ドル円は16年ぶりの円高。
76円40銭台を付ける場面があった。
さすがにここからは戻して、終値では、77円30銭台。
クロス円でも、リスク回避で大きく円高進行。
ユーロ円は下落して終値で、107円後半。
豪ドル円も、74円台まで下落した。
原油は、週間石油在庫でガソリンが減少。
反発した。
終値では、97ドル台後半。
金も、反発した。
寄り前の外国人注文は、売り3320万株、買い6390万株。
差し引き、3070万株の超大幅買い越し。

日経平均は、180円安でスタート。
朝方、ドル円が76円台まで下落した。
明らかに理不尽な動き。
リパトリを想定して投機筋が円を買ったのだろうが、
本来は震災で金融緩和をし続けなければならない
日本の通貨を買うのは理にかなっていない。
どんなに理不尽でも表れている数字が真実というのが相場。
株式市場ではこの異常な円高を嫌気して、朝から売りが優勢になった。
輸出関連の主力株が大幅安。
それにしても、この円高で、寄り前の外国人注文が
桁外れに大きいのも解せないが・・・。
日経平均は、300円ほど下げたところからは切り返した。
朝から自衛隊がヘリコプターで原発に放水すると伝わり、
僅かな期待が出てきたということか。
前場は、189円安で終了。
後場。
先物の買い戻しがあったようで、日経平均は下げ幅を縮めている。
円高は続いているが、18日に行われるG7の緊急電話会議には僅かな期待も。
このタイミングなら為替介入もできるはず。
って言うか、この期に及んで韓国はドル売り介入をしたという話も。
日本政府にも頑張って欲しい。
震災で活動もままならない企業にとって、
異常な円高は追い討ちをかける試練。
天災は防げなくても、せめて人ができることはやってほしい。
日経平均は、下げ幅を消す場面まで戻したが、引け間際には再び売られた。
売買は、引き続き高水準。

大引け。
日経平均、131円05銭安、8,962円67銭。
残念ながら9,000円台はキープできず。
しばらくは揉み合いか。
相変わらず、原発睨み。

Posted by : megumiishii | - | 23:28 | - | -
TOP