石井めぐみ、世界のことが気になって経済の勉強をはじめました
<< 計画停電開始 | main | 復興期待と不透明感 >>
歴史的暴落
昨夜のNYは、東日本大震災を受けて反落。
前日は反応の薄かった震災の影響だが、
原発事故の話が伝わるとリスク回避が明確になった。
中東ではバーレーンの反体制デモが拡大。
指数は売り優勢で始まり140ドル超えで下げる場面もあったが、
その後は下げ渋った。
原発関連のGEは大幅安。
消費関連株も大きく売られている。
金融株も安い。
ダウ採用銘柄にはないが、保険株も大幅下落。
一方、復興需要の思惑でキャタピラーは2%超えで上昇した。
ダウは、51ドル安、ナスダックは、14ポイント安。
CMEは大証の終値より、70円安い、9,390円。
為替相場は、リパトリ懸念が続き円買いが進行。
また、ユーロ圏での救済基金引き上げなどでユーロが上昇。
ポンドの上昇もあって、主要通貨に対してドルが下落した。
ドル円も下落して、終値では、81円60銭台。
クロス円は、まちまち。
ユーロ円はやや上昇して終値で、114円前半。
原油は、引き続きリスク回避で売られる場面もあったが、
中東情勢の緊迫化でやや戻した。
終値では、101ドル台前半。
金は、続伸している。
寄り前の外国人注文は、売り3320万株、買い3530万株。
差し引き、210万株の買い越し。

日経平均は、178円安でスタート。
当然ながら、寄り付いてからも売りの嵐。
昨日の大幅下落で追証などが発生している可能性もあり、
地震や業績に関係なくキャッシュに戻す動きが加速する。
福島原発では、2号機でも爆発事故。
その他の冷却も上手くいいっていない様子。
関東地方の電力不足は回復の見込みは絶望的。
経済に与える打撃は計り知れないと。
東証1部はほぼ全面安。
日経平均は、620円安で前場を終えた。
11時に総理の会見があり、4号機でも爆発があったことや
放射線量が警戒するレベルに上がったことをコメント。
さらなる放射性物質の漏洩の可能性にも言及した。
半径30キロ以内の人たちには屋内退避の指示が出た。
この直後、日経平均先物が急落。
サーキットブレーカーが発動された。
後場。
昼休み時間中の先物の2度に渡るサーキットブレーカー発動で、
日経平均は寄付きと同時に大きく下落。
1,400円近い下げ幅で、8,200円台まで下落する場面があった。
その後は、やや買い戻されている。
けっきょく、日経平均は1,000円超えの暴落。
売買高も歴史的な数字となった。

大引け。
日経平均、1,015円34銭安、8,605円15銭。
日足では、少し長い下髭を作る大陰線。
一応、三空叩き込みって感じなんだけど、買い向かうのは難しいかなぁ。

Posted by : megumiishii | - | 23:27 | - | -
TOP