石井めぐみ、世界のことが気になって経済の勉強をはじめました
<< リビアの行方 | main | 下値模索? >>
しばらく揉み合いか・・・
昨夜のNYは、大幅反発。
OPECの増産などの報道で原油高が一服。
リビアではカダフィ大佐や一族の国外脱出を模索などという噂も流れ、
ややリスク回避姿勢が緩んだ。
株式市場にも安心感が広がり、買い戻しが進んだ。
個別では、明るい業績見通しが好感されたバンカメが4.7%の大幅高。
JPモルガンなど金融株も軒並み騰った。
AT&T、ベライゾンなど通信株も高い。
産業関連株も買われた。
ダウは、124ドル高、ナスダックは、20ポイント高。
CMEは大証の終値より、50円高い、10,570円。
為替相場は、原油の上昇が一服したことでドルが買われた。
ドル円も上昇して、83円近辺まで上げる場面も。
終値では、82円60銭台。
クロス円でも、やや円安基調。
ユーロ円は終値で、115円近辺。
原油はリビアの話題に飽きてきたのか利益確定の動きがやや優勢だった。
終値では、105ドル台ちょうど近辺。
金も、反落。
寄り前の外国人注文は、売り1510万株、買い2310万株。
差し引き、800万株の買い越し。
買い越しが続いている。

日経平均は、82円高でスタート。
NYの株高を受けて、東京市場も朝から買い優勢。
為替相場でドル円が上昇したことで、
今日は輸出関連の主力株が買われている。
ただ、日経平均は130円ほど上げたところで伸び悩み。
前場は、108円高で終了。
後場。
アジア市場で上海やシンガポールがやや軟調に。
東京市場でも上げ幅を縮小。
が、積極的に売る場面でもないのか、引けに掛けてはやや買い戻された。
原油高で売られていた自動車株が買い戻され、
政府の税制改正法案が通らない見込みになったことで
プラスの影響が出ると思われる銀行株が上昇した。

大引け。
日経平均、64円31銭高、10,589円50銭。
続伸。
5日と25日の移動平均線に挟まれ動けない。
やはりしばらくは揉み合いかな。
救いは下値が少しずつでも切り上がっていること。

Posted by : megumiishii | - | 23:59 | - | -
TOP