石井めぐみ、世界のことが気になって経済の勉強をはじめました
<< とりあえず反発 | main | 上昇トレンドに返り咲き? >>
トレンドを戻せるか・・・
週末のNYは、上昇。
中東リスクは払拭されないが、
調整したことで自律反発もあり買い先行で始った。
経済指標も堅調で、終日プラスで推移した。
空軍からの受注を好感して、ボーイングが大幅高。
デュポン、キャタピラーなど産業関連が高い。
JPモルガン、バンカメなど金融株も買われた。 インテル、IBM、HPなどハイテク関連も堅調で、
ナスダックは大幅高だった。
ダウは、61ドル高、ナスダックは、43ポイント高。
CMEは大証の終値より、40円高い、10,550円。
為替相場は、ユーロドルが利益確定の売りに押されて下落。
ただ、他の通貨に対してはドルが弱い。
ドル円は安値を割ってきた。
終値では、81円60銭台。
クロス円は、豪ドル円が強い。
ユーロ円は下落して、終値で112円台前半。
原油は、前日終値近辺での揉み合いとなった。
中東の紛争は各国に広がりつつあり警戒が必要だが、
原油の需要そのものが伸びているわけではないのでOPECも様子見。
終値では、97ドル台後半。
金は、9営業日ぶりの反落。
寄り前の外国人注文は、売り1340万株、買い1900万株。
差し引き、560万株の買い越し。
久しぶりに買い越し。

日経平均は、22円安でスタート。
寄り前に発表された鉱工業生産指数がやや下振れ。
為替相場でドル円が81円台と円高が進行。
NYは上げて返ってきたが、日本株にとってはかなりの重石。
大きく売り込まれることはないが、小安いところでの揉み合い。
前場は、65円安。
後場。
前場と変わらない水準で始ったが、ジリジリと下げ幅縮小。
先物主導で買い戻されている。
トヨタなど主力株がプラス転換。
まさか、私がプリウス買いに行ったからじゃないよねー(笑)
日経平均の上げ幅は、あっという間に100円超え。
全人代を控えて懸念の上海がプラス転換したことも安心感に繋がっている。
けっきょく、日経平均は本日の高値圏で取引を終えた。

大引け。
日経平均、97円33銭高、10,624円09銭。
続伸。
売買高が高水準をキープしているのもいい感じ。
中東の政情不安はまだまだリスクだけど・・・。

アジア市場は、まちまち。
香港、上海は堅調。

ヨーロッパは、小動きで始ったがジリ高に。

22時30分。
アメリカ個人支出、所得。
支出は下振れ。
所得が上振れ。
ややドル売りで反応したが大きな動きはない。

23時30分。
NYは、続伸して始っている。
月末はいい感じ・・・。



Posted by : megumiishii | - | 23:32 | - | -
TOP