石井めぐみ、世界のことが気になって経済の勉強をはじめました
<< リビアの反政府デモ収まらず | main | とりあえず反発 >>
調整続く・・・
昨夜のNYは、大幅続落。
朝方は小動きだったが、中東紛争と原油高が
重石となってジリジリと下げ幅を拡大。
引けに掛けては、やや戻した。
注目の中古住宅販売件数は市場予想を上回った。
が、市場はリスク回避ムード一色で反応薄。
ほとんどのセクターが下落した。
決算発表を嫌気されたHPは、9.62%の大幅安。
インテル、IBMなども連れ安。
ホームデポなど小売株も軟調。
シェブロン、エクソンMなど石油株は前日に引き続き堅調に推移した。
ダウは、107円安、ナスダックは、33ポイント安。
CMEは大証の終値より、10円安い、10,560円。
為替相場は、原油の高騰でドルが下落。
ユーロドルは上昇した。
ドル円は下落して、終値では、82円40銭台。
クロス円は、ユーロ円が堅調。
終値で113円台前半。
原油はリビア紛争を背景に他の原油国にも
飛び火するのではという観測で高騰。
ついに100ドルを付けた。
終値では、98ドル台前半。
金も、大きく上昇。
寄り前の外国人注文は、売り2560万株、買い1640万株。
差し引き、920万株の売り越し。

日経平均は、45円安でスタート。
NYの下落に比べるとやや落ち着いている。
が、この状況で積極的な買いは入らず指数は安値揉み合い。
前場は、44円安で終えた。
後場。
為替相場で円が高い。
スイスフランドルは史上最高値を付けて、
行き場のなくなった資金が円に回ってきたのだろうか。
格下げが相次いで望まれる通貨ではないはずなのだが、
流通量を考えると消去法でリスク回避先は日本円ということ。
地震の被害で利下げ懸念が出てきたNZドル。
豪ドルがつられて下落している。
東京時間なので利益確定売りかな。
日経平均は、ジリジリと下げ幅を広げた。
輸出関連株が下落。
銀行など内需セクターはなんとかプラス。
石油株も高い。
原油高が利益に繋がるとは思えないんだけど。
けっきょく、日経平均は安値圏で取引を終えた。
まだまだ厳しい状況は変わりそうにない。

大引け。
日経平均、126円39銭安、10,452円71銭。
大幅続落。
中東情勢が改善しないと円高株安の流れは止まらない。
せめてOPECあたりが原油高を止めてくれればいいんだけど・・・。
3日陰線を引いたので、明日は自律反発があるかもしれないが、
中東情勢が落ち着くまでは下落リスクあり。

アジア市場は、まちまち。
上海、台湾はプラス引け。

ヨーロッパは軟調に始ったが、やや戻す傾向も。

22時30分。
新規失業保険申請件数。
市場予想より改善。
でも、こんな日は反応薄いんだろうな。

ユーロドルが、1.38を超えてきた。
通常ならリスク回避のドル買いなんだろうけど、
原油高祭状態なので、ユーロが騰っている。
紛争が終わったときの下落が恐いような・・・。




Posted by : megumiishii | - | 23:57 | - | -
TOP