石井めぐみ、世界のことが気になって経済の勉強をはじめました
<< リビア紛争&NZ大地震 | main | 調整続く・・・ >>
リビアの反政府デモ収まらず
昨夜のNYは、大幅下落。
リビアの反政府デモはますます緊迫。
死者は800人を超えると伝えられている。
カダフィ大佐は退陣拒否の声明。
まだまだ収まる様子はない。
リスク回避でNYも朝から売りが優勢。
200ドル超えで下落する場面もあった。
ダウ採用銘柄は石油関連を除いてほぼ全面安。
クラフトのみが上げている。
キャタピラー、アルコアなど資源、産業株が大幅安。
JPモルガン、バンカメなど金融株も大きく売られた。
AppleはiPadの出荷が6月にずれ込むとの報道で3.4%下落したけど、
今日になったら、3月2日に前倒しとの話題。
 ダウは、178円安、ナスダックは、77ポイント安。
CMEは大証の終値より、120円安い、10,540円。
為替相場は、リビアの紛争が収まらずドルが下落。
ドル円も下落して、83円を割れた。
終値では、82円70銭台。
クロス円も、下落。
ユーロ円は、終値で112円台後半。
ニュージーランドの地震の影響もあり、豪ドル円も安い。
原油はリビアの紛争やストライキで、さらに上昇。
98ドル台まで騰る場面もあった。
終値では、95ドル台半ば。
金も、上昇。
寄り前の外国人注文は、売り1970万株、買い1160万株。
差し引き、810万株の売り越し。

日経平均は、75円安でスタート。
NYの株安を受けて、朝方は売り先行。
ただ、売りが一巡すると指数はジリジリと下げ幅を縮めた。
リビアの紛争は、日本の投資家にとっては
身近なリスクに感じないってことかな。
原油高で影響を受けるセクターは下落したが、
内需株やディフェンシブ関連は騰っている。
前場は、日経平均20円安。
後場。
小安いところで始ったが、すぐに下へ。
こんどはジリジリと下げ幅を広げる。
為替相場ではリスク回避で円高が進行。
リスク回避で格下げされた国の通貨を買うっていうのは
理解できないことだけど・・・。
輸出関連株が軟調。
前場はプラスだったハイテク関連も下落に転じた。
けきょく日経平均は、安値圏で取引を終えた。
売買は高水準。
これは良い傾向。

大引け。
日経平均、85円60銭安、10,579円10銭。
続落。
日足では、まだ25日移動平均線の上。
とりあえず中東情勢が収まらないとなんともしがたいけど。
Posted by : megumiishii | - | 23:59 | - | -
TOP