石井めぐみ、世界のことが気になって経済の勉強をはじめました
<< 日経平均、ザラバで10,600円超え | main | 企業決算期待 >>
中国が再び利上げ!
昨日のNYは、またもや続伸。
寄付きこそ小動きだったが、ジリジリと上げ幅を拡大。
ダウは100ドル近い上げ幅になる場面もあった。
エジプト情勢も鎮静化してきて、証券取引所が13日に
再開するなどのニュースが報じられると、安心感から買いが優勢となった。
M&Aの発表なども株価を押上げている。
バンカメやJPモルガン、アメックスなど金融株が大幅高。
産業関連も引き続き高い。
HP、GEも買われた。
一方、前日大きく騰ったクラフトが反落。
ファイザーも安かった。
ダウは、69ドル高、ナスダックは、14ポイント高。
CMEは大証の終値より、75円高い、10,665円。
為替相場は、ドイツの経済指標が嫌気されてユーロドルが下落。
ドル円は上昇して、終値では、82円30銭台。
クロス円は堅調で、豪ドル円はまだ上昇。
ユーロ円は、終値で111円台後半。
原油は、エジプト情勢の落ち着きで下落した。
終値では、87ドル台半ば。
金も、続落している。
寄り前の外国人注文は、売り1570万株、買い1660万株。
差し引き、90万株の買い越し。

日経平均は、52円高でスタート。
10,600円を超えて始った。
NYのプラス引けと為替相場での円高一服が支え。
アメリカの金融株高を受けて、大手銀行などが堅調。
ただ上値を追う動きは見られず、小高いところでの揉み合い。
前場は、33円高で終了。
後場。
水準は変わらないが、やや上げ幅を広げている。
大口の買いが入っているとの観測も。
日本株としては材料難だが先高観はあるということか。
新興市場の業績の良い銘柄が買われている。
こちらも景気回復への期待?
引け後に決算を予定しているトヨタがやや弱い。
警戒されているのかな。
日経平均は、最後まで小高い水準での揉み合いを続けた。

大引け。
日経平均、43円94銭高、10,635円98銭。
続伸。
日足チャートは、小さなコマ。
上昇トレンドはキープしているので期待!

アジア市場は軟調。
中国はまだ休場している。

その中国が、再び利上げに踏み切った。
依然消えないバブル懸念。
CPIも上がっている。

明日のマーケットは、ちょっと冷え込むかな。




Posted by : megumiishii | - | 23:59 | - | -
TOP