石井めぐみ、世界のことが気になって経済の勉強をはじめました
<< 日経平均、大幅下落 | main | 上昇トレンドに戻れるか >>
下値はまだ固まらず
週末のNYは、ダウが反発、ナスダックは反落した。
この週も企業決算に振られる動き。
ただ、ヨーロッパの債務問題が落ち着いていることで、
再び景気回復への期待が相場を押上げている。
GEが7%を超える大幅上昇。
シェブロン、エクソンMなど石油株も高い。
決算を嫌気されたバンカメは下落した。
その他の金融株は比較的堅調。
ハイテク系が売られて、ナスダックは下落している。
ダウは、49ドル高、ナスダックは、14ポイント安。
CMEは大証の終値より、40円高い、10,320円。
為替相場は、ユーロドルがまだ上げている。
ドイツの経済指標を好感してといっているが、
売り方の踏み上げ相場になっているもよう。
ドル円はカウンターで下落してドル円も安い。
終値では、82円50銭台。
クロス円は、堅調。
ユーロ円が高く、終値で112円台半ば。
原油は、調整が続いてまた下落。
終値では、3月限が89ドル台前半。
金も、続落している。
寄り前の外国人注文は、売り1560万株、買い1310万株。
差し引き、250万株の売り越し。

日経平均は、44円高でスタート。
CMEの精算値が高かったことで、鞘寄せするように高く寄り付いたが、
その後は売りに押されて上げ幅を削っている。
ただ下に抜けないことを確認すると再び上げ幅を拡大した。
為替相場はドル円が軟調だがユーロ円は久々に高い。
これも相場の支え。
前場は、38円高で終了。
後場。
懸念材料の上海がやや軟調に推移。
日経平均も上げ幅を微妙に縮めて始った。
が、ジリジリと買われる動きも。
自動車やハイテクが堅調。
上値は重いが先高観はあるというところかな。
日経平均は、後場の高値圏で取引を終えた。

大引け。
日経平均、70円59銭高、10,345円11銭。
反発。
日足チャートは、まだ下値が固まらず調整の可能性もアリ。
ただし基本的には上に向かうトレンドに戻ると思うけど・・・。

アジア市場は、まちまち。
香港、台湾、上海は下落。
ヨーロッパは方向感のない動きで、高安まちまち。

23時30分。
NYは、小幅な買いから始った。
わりと堅調・・・。
Posted by : megumiishii | - | 23:59 | - | -
TOP