石井めぐみ、世界のことが気になって経済の勉強をはじめました
<< 預金準備率引き上げの影響 | main | そろそろ材料難 >>
調整するも底堅い展開
昨夜のNYは、休場。
為替相場は、NY休場のなかでユーロドルが再び下落。
ドルも調整の動きはあったが、欧州不安はまだ払拭されない。
ドル円はやや軟調。
終値では、82円70銭台。
クロス円は、ユーロ円が安い。
ユーロ円は、終値で109円台後半。
寄り前の外国人注文は、売り980万株、買い1170万株。
差し引き、190万株の買い越し。

日経平均は、41円安でスタート。
シンガポールで日経平均先物が売りから始ったことで、東京市場も軟調な始まり。
為替相場でドル円、ユーロ円とも下落していることも重石。
さらに、昨日Appleのスティーブ・ジョブズCEOが療養のために休職すると表明したことでAppleの株価がヨーロッパ市場で8%近く下げたことで、今夜のNY市場に不安を残している。
が、日経平均は売りが一巡するとジリジリと下げ幅を縮小。
前場中ごろにはプラスに転じた。
銀行株などが上げている。
トヨタ、日産なども小幅だが上げている。
原料高が業績を圧迫と伝わった鉄鋼株が下げている。
前場は、18円高で終了。
後場。
昨日大幅安だった上海がプラスに転じたことで、マーケットには安心感が広がっている。
日経平均も、やや上げ幅を拡大。
ただ、上値を取って行くほどの勢いはなく、小高いところでの揉み合いになった。
とりあえずは、休場明けのNYを確認しなくては買い進めないということか。
けっきょく引け間際にやや上げはbを縮めて、取引を終えた。

大引け。
日経平均、16円12銭高、10,518円98銭。
続伸。
足チャートは調整だが底堅いカタチ。

アジア市場は、香港が微妙なマイナスだが、概ね堅調。
上海も、僅かながらプラス引け。

ヨーロッパも、買い先行で始った。

22時30分。
ニューヨーク連銀製造業景気指数。
市場予想を下回った。
ドル円が下落。
23時30分。
NYは、ダウが買いから始った。
堅調だなぁ・・・。
Posted by : megumiishii | - | 23:16 | - | -
TOP