石井めぐみ、世界のことが気になって経済の勉強をはじめました
<< 大納会 | main | ADP雇用者数上振れ >>
2011年 大発会
昨夜のNYは、堅調に続伸。
先月からの上昇トレンドは崩れておらず、今や景気に対する悲観論は遠退いている。
ちょっと前まで二番底の話をしてたのになぁ・・・。
FRBの金融緩和や減税などで景気浮揚を期待しているということか。
とりあえずは、週末の雇用統計が第一関門。
失業率が減少しているようなら、トレンドは完全に上昇となる。
逆に失業率の増加、もしくは民間雇用部門の下振れなんてことになったら、相場は一気に売りに転じる可能性も。
市場予想がかなり高いのは懸念されるところ。
株式市場の上昇は、商品相場の堅調さにもリンクしている。
金融緩和であふれ出たマネーがマーケットを活気づかせるのは歓迎されるが、原油高騰などで生活を脅かすようなら、回復しかけた景気を腰折れさせる。
市場参加者も配慮しながら相場を張ってほしいところ。
個別ではバンカメが6.37%と大幅高。
JPモルガンも大きく騰って金融株が堅調。
アルコアなど資源株や石油株も高い。
ハイテクも堅調でナスダックも高い。
消費関連の一角に、やや弱含む銘柄があった。
ダウは、93ドル高、ナスダックは、38ポイント高。
CMEは大証の終値より、160円高い、10,370円。
為替相場は、年末に進んでいた円高が一服。
ドル売りもなんとか止まった。
ドル円は再び81円を割り込む場面があったが、終値で、81円70銭台。
クロス円でも、やや円安に傾いた。
ユーロ円も上昇して、終値で、109円台前半。
原油は、やや楽観的な見通しで上昇した。
終値では上げ幅を縮めて、91ドル台半ば。
金も、続伸している。
寄り前の外国人注文は、売り1480万株、買い790万株。
差し引き、690万株の売り越し。

日経平均は、123円高でスタート。
NYの株高を受けて、大発会は堅調なはじまり。
円高が一服していることで、輸出関連の主力株も騰っている。
年末に売られた自動車などは買い戻されている様子。
日経平均もジリジリと上げ幅を広げて、前場は144円高。
後場。
アジア市場が堅調に始ったことで、日経平均は一段高。
商品相場の上昇も押上げ要因。
行き過ぎると首が絞まっちゃうんだけどねぇ。
ただ、日経平均もそのまま上抜ける勢いはなく、10,400円近辺での揉み合いになった。
後場は、ほとんど値幅がない。
仕掛けも入らない。
けっきょく、揉み合いのまま取引を終えた。
セクターではほぼ全面高。
大発会としては素晴らしいスタートになった。
うさぎ年は株価が跳ねるらしいが、はたして期待通りに騰るかな。
出遅れている日本株としては、再評価を待つのみ。
頑張れニッポン!

大引け。
日経平均、169円18銭高、10,398円10銭。
大幅反発。
年末の下落で25日移動平均線にタッチ。
禊が終わって改めて上昇トレンドに?
確実にするためには、円高是正がまず必要。
日本の迷走する政局にもピリオドを打って欲しい。

アジア市場は、台湾がマイナスだが概ね堅調。
中国は高い。
ヨーロッパも買い先行で始った。

23時30分。
NYは、方向感のないスタート。
やや売りが優勢かな。
商品相場が売りに押されていることで、株式市場もやや弱含み。
もっとも、前日あれだけ騰ったんだから底堅いというべきか。

明日の東京市場に注目!
Posted by : megumiishii | - | 23:59 | - | -
TOP