石井めぐみ、世界のことが気になって経済の勉強をはじめました
まだまだ緊迫した状況
昨夜のNYは、ダウは小反落、ナスダックは僅かに反発した。
序盤は小幅なプラスで推移していたが大きく上抜ける勢いはなく、
終盤、FOMC議事録で金融引き締めが懸念される発言が
あったことが報告されると、上げ幅を削った。
個別ではアルコアが2.79%の大幅高。
シェブロンなど石油株も高い。
前日に売られたインテルが、今日は買われた。
ナスダックでの組み入れ比率変更が材料かな。
ダウは、6ドル安、ナスダックは、2ポイント高。
CMEは大証の終値より、40円高い、9,670円。
為替相場では、ジリジリと円安が進んでいる。
一方、7日のECB理事会で利上げが予想されるユーロは上昇。
ドル円は騰って、終値では、85円手前。
クロス円も大きく上昇。
ユーロ円は終値で、120円台後半。
昨日は調整していた豪ドル円も、88円台まで上げている。
原油は、さすがに買い疲れか、僅かに下落。
終値では、108ドル台前半。
金は、続伸。
寄り前の外国人注文は、売り3780万株、買い3280万株。
差し引き、500万株の売り越し。

日経平均は、52円高でスタート。
為替相場で一段と円安が進んでいることなどが要因だが、
その水準からはむしろ売られる展開になった。
原発問題に解決の糸口が見られないことで、利益確定を急ぐ動き。
指数はあっという間にマイナスに沈み、前場は20円安。
後場。 昼休み中に、原子力保安院が原発での低レベル汚染水の
放出を今日中に終了すると発表。
これを好感して、日経平均は再びプラス圏へ。
しかし買いは続かず、すぐにマイナス転。
小幅ではあるが、本日の安値圏で取引を終えた。
ちなみに、ムーディーズから格下げとされたトヨタは、
マイクロソフトととの提携を発表。
プラスで引けている。

大引け。
日経平均、31円18銭安、9,584円37銭。
小幅に続落。
残念ながら、日足チャートは調整の兆し。
いずれにしても、原発問題が大きな足枷。
まだまだ緊迫した状況が続いている。
再び水素爆発の危険も。
海外では日本製品不買の動きも出てきており、
日本経済に与える影響は計り知れない。
ほんとうに、どうにかお願いいたします・・・。

Posted by : megumiishii | - | 23:51 | - | -
円安株安・・・トリプル安の懸念
昨夜のNYは、ダウは続伸、ナスダックは小幅に下落した。
すでに高値圏に居ることで、やや調整したい感じの相場だが、
先高観は強いのかマイナスに転じる場面は少ない。
ダウは前日終値に支えられるカタチで終始推移した。
J&P、ウォルマートなど、消費関連が高い。
金融株も比較的堅調。
福島原発は危機的な様相だが、GEも上昇。
インテル、HPが安い。
ハイテクは軟調な銘柄が多く、ナスダックはマイナスで終えた。
ダウは、23ドル高、ナスダックは、0.4ポイント安。
CMEは大証の終値より、35円安い、9,745円。
為替相場も、利上げの期待でユーロが上昇。
ユーロドルは直近の高値を伺う展開。
カウンターでドルはやや下落。
ドル円は、微妙に下げて、終値では、84円近辺。
クロス円もやや調整。
ユーロ円も少し下げて、119円台半ば。
政策金利の発表を控えている豪ドルは調整。
原油は、さらに上昇して108ドルを大きく突破した。
2年半ぶりの高値。
終値では、108ドル台半ば。
金は、反発。
寄り前の外国人注文は、売り3020万株、買い2710万株。
差し引き、310万株の売り越し。

日経平均は、13円高でスタート。
ただプラス圏にあったのは一瞬で、すぐに下落。
さすがに震災後のバーゲンハンティングは終わったと見えて
売買も慎重になっている。
昨日よりやや円高に戻していることも相場の重石。
日本のみならず海外での製造も停止せざるを得ないと
伝わった自動車などが安い。
日経平均もズルズルと下げ幅を広げて、前場は112円安。
後場。
やや持ち直し掛けたが買いは続かずさらに下落。
東証1部の銘柄はほとんど売り一色になってきた。
プラス圏に居るのは医薬品くらい。
ただ、引けに掛けては少し下げ幅を縮めた。

大引け。
日経平均、103円34銭安、9,615円55銭。
大幅反落。
何度も書いていることだが、原発問題に解決の道が見えなければ、
日本株は本格的な売りに傾くだろう。
株も為替も債券も信用がなくなれば価値もなくなる。
はじめから廃炉と覚悟を決めて対処すれば、
このような結果にならなかったのだろうか。
素人には判断できない事象だが、とにかく今は祈るのみ。
日経平均は、日足チャートでやや不利な状況になった。
早急に戻せばトレンドをキープできるんだけど。

Posted by : megumiishii | - | 23:59 | - | -
 解決遠い原発問題
週末のNYは、上昇した。
注目の雇用統計は、市場予想を上回って改善。
買い優勢で始った。
が、終盤は利益を確定する動きも見られ上げ幅を縮めた。
日本経済の収縮は世界経済の停滞を招く可能性も。
キャタピラー、GEなど市況関連が高い。
福島原発を作ったGEが騰ってるのはちょっと理不尽だけど。
売り方の買い戻しかな。
コカコーラ、ホームデポなど消費関連の一部も買われた。
ハイテク関連はやや軟調。
インテルは2%超えの下落だった。
ダウは、56ドル高、ナスダックは、8ポイント高。
CMEは大証の終値より、125円高い、9,825円。
為替相場も、堅調な雇用統計を好感してドルが買われた。
と言うより、円が売られた。
ドル円は、ついに久々の84円台。
終値では、84円10銭台。
そろそろ輸出企業の想定レート並?
クロス円も上昇。
ユーロ円も上がって、119円台後半。
豪ドル円は、87円台まで上昇。
原油は、中東に加えて北アフリカでも政情不安。
さらに上昇している。
終値では、108ドル目前。
金は、利食い売りに押されて反落。
寄り前の外国人注文は、売り4080万株、買い3730万株。
差し引き、350万株の売り越し。
注文数は多い。

日経平均は、65円高でスタート。
NYの上昇と円安を好感して朝から買いが先行。
9,800円を超える場面もあった。
が、相変わらず遅々として進まない原発問題なども警戒され、
そこからの積極的な買いは入りづらい。
日経平均は少し高いところで揉み合ったまま前場を終えた。
69円高。
後場。
やや上げ幅を縮小。
復興の見通しが立っていない現段階では、無闇な買いは入らない。
上抜ける勢いがないことを確認すると、利益確定の売りも出る。
日経平均はジリジリと上げ幅を縮める展開。
朝方は高かった輸出関連株もマイナスに転じている。
しばらくは、こんな相場かなぁ。
日経平均は、けっきょく本日の安値で取引を終えた。

大引け。
日経平均、10円50銭高、9,718円89銭。
反発はしたものの、積極的に買えるほど楽観的ではないってこと。
原発問題はまだまだ収束にはほど遠い。
今日は、高レベル放射線に汚染した水の流出を防ぐために、
すでに溜まっている低レベルの汚染水を海に放出する作業を開始した。
大きな危険を回避するための措置だが、
なんだかとんでもないことを当たり前のように
やりはじめた東電や政府の感覚が少し恐い。
この問題の解決が見えなければ日本買いは期待できない。
チャートのカタチは変わっていないが、
75日線が下がってきているので、緩やかな調整があるかも。

Posted by : megumiishii | - | 23:49 | - | -
 日銀短観は集計し直し
昨夜のNYは、ダウが反落、ナスダックは続伸。
雇用統計を控えて前日終値を挟んだ揉み合いが続いたが、
引けに掛けては調整売りに押された。
ミネアポリス連銀総裁の年内利上げ発言も、
株式市場にとってはネガティブな材料。
全体的に小動きだが、アメックスは1.55%の下落。
JPモルガン、バンカメなど金融株は総じて安い。
ホームデポなど小売株も売られた。
ナスダックはプラス引けだが、インテルは売られている。
3M、ユナイテッドなど産業関連は比較的堅調。
ダウは、30ドル安、ナスダックは、4ポイント高。
CMEは大証の終値より、25円高い、9,735円。
為替相場は、ジリジリと円安が進行。
ドル円も上昇して、ついに83円台。
終値では、83円10銭台。
クロス円も上昇。
ユーロ円も上がって、117円台後半。
豪ドル円は、85円台。
原油は、引き続き中東不安を背景に大きく反発。
というより、リスクテイクで商品が騰っている。
終値では、106ドル台後半。
金は、続伸している。
寄り前の外国人注文は、売り2200万株、買い2900万株。
差し引き、700万株の買い越し。

日経平均は、2円高でスタート。
ダウは下落したが、東京市場は円安進行を好感して上昇。
9,800円を付ける場面もあった。
寄り前に発表された日銀短観はDIが市場予想を上回ったが、
調べた時期の問題で震災を織込んでいない。
週明けに震災以降に調べた数値を発表するらしいが、
これが出ると日銀の対応が変わる可能性も。
チャート的にも為替相場はトレンドが変わったと思えるので、
ここから出るニュースは円安を促進するものが多いと推測される。
もっとも、今夜のアメリカ雇用統計しだいなんだけど。
日経平均は、9,800円を越えたところから下落。
下押ししてから切り返すという方向感のない展開。
前場は、10円安。
後場。
日経平均は、再度9,800円台まで騰った。
アジアからの買いかな。
ドル円は、84円を目差す動き。
ただ重要指標の発表を控えて、
引けに掛けてはポジション調整の売りに押された。
安値圏で取引終了。

大引け。
日経平均、46円71銭安、9,708円39銭。
小幅に反落。
昨日上げた分を吐き出した感じ。
売買高が膨らんでいるのは、東電株のせいかな。
日足チャートはまだ上昇中。
とりあえずは、今夜の雇用統計待ち。

アジア市場は、概ね堅調。
上海や香港が高い。

21時。
S&Pがアイルランドを格下げ。
こんな時間にアイルランドの格下げが出るってことは、
ユーロドルの下落を予想してる?

21時30分。
アメリカ雇用統計。
非農業部門雇用者数は予想を上回って増加。
失業率も僅かだが改善した。

ドル買いで反応。
ドル円は、84円70銭台まで上昇。

22時30分。
NYは、上昇して始った。

とりあえずは、良かったということで・・・。



Posted by : megumiishii | - | 23:30 | - | -
健全な経済活動に・・・
昨夜のNYは、反発。
過去最低水準となった新築住宅販売など懸念される材料が
バラバラと出て売り先行で始ったマーケットだったが、
原油など商品相場の上昇で株式市場もしだいに階が優勢になった。
関連銘柄としてアルコアなどの資源株や、産業株も高い。
コカコーラ、ディズニー、3Mなど消費関連の一角も買われている。
バンカメは、増配計画が中止になって下落した。
ダウは、67ドル高、ナスダックは、14ポイント高。
CMEは大証の終値より、65円高い、9,445円。 為替相場は、前日からユーロドルの下落が始ったと思ったら、
久しぶりに欧州不安の話が出てユーロドルが引き続き調整。
ドル円は蚊帳の外でほぼ変わらず。
終値では、80円90銭台。
クロス円は、まちまち。
ユーロ円は、下落して、114円手前。
豪ドル円やNZ円は上げている。
原油は、中東情勢と原油在庫を材料に続伸。
終値では、105ドル台後半。
金も、続伸した。
寄り前の外国人注文は、売り1610万株、買い2570万株。
差し引き、960万株の買い越し。

日経平均は、30円高でスタート。
NYが上げて返ってきたことで、日経平均も小高く始った。
が、9,500円を超えた辺りでは戻り売りに押される。
福島原発のトラブルは収まっておらず、緊張した状態が続いている。
農作物の出荷や摂食制限に加えて、
東京の浄水場で基準値を超える放射線濃度が計測された。
さらに、製造業など東北地方に工場や拠点を持つ企業も多く、
震災の影響がどこまで広がるかは未知数だ。

自動車なども、部品の調達ができず操業停止状態。 日経平均もジリジリと上げ幅を縮めて前引けに掛けてはマイナスに沈んだ。
前場は、18円安。
後場。
前引けと変わらない水準で揉み合い。
大きく売られる動きもないが、積極的な買いも入らない。
計画停電などで東京を中心とした消費活動が落ち込んでいる。
乾電池やトイレットペーパーを抱え込んだまま、自宅に引き篭もり。
外食産業なども厳しい様子。
一刻も早く健全な経済活動に戻さなければ、
被災地への支援さえままならない。
日経平均は、前日終値を挟んだ揉み合いのまま、取引を終えた。

大引け。
日経平均、14円46銭安、9,435円01銭。
小幅に続落。
日足チャートでは、はらみっぽい小さな陰線になったので、
状況が良くなれば再び上昇トレンドに戻れるかも。
いずれにしても、原発しだい。

Posted by : megumiishii | - | 23:59 | - | -
TOP